一眼レフ方式でいいのです(*^^)v

私の伝えていることを相手が「そのまま」受け取ったかなぁ☆

その答えは・・・不明・・・(^.^)

たとえば・・・

同じことを伝えたはずの友人二人でさえ
その人の受け取り方のくせや感じ方が加わることで私の伝えたい「そのまま」から離れたりするのです

こんなこと・・・

私が、とっても嬉しそうに

「きょう、ケーキを買ったのよ」
・・・と言ったとします。

このとき、「あなたの言ってることがわからない」と言う人はあまりいないと思います

・・・が、

周りの人が「どう理解したか」は聞いた人の数だけ答えが違ってきたりします☆

たとえば、こんなこと・・・

☆どんなケーキを買ったか・・・

1)丸いホールのケーキを一つ
2)カットされているケーキを幾つか

☆そのケーキについて・・・

1)ほとんどイメージ出来ていない
2)クリームや果物までイメージしている

そして、私の言い方によっては・・・

「よほどケーキが好きなんだな」「いいなぁ」「何か特別な日なのかな」

中には、そんなふうに気持ちや状況をプラスして考える人もいるかもしれません☆

・・・と言うことは・・・

私が言った一言がいろいろなイメージや状況を起こさせると同時に聞く人のその時の状態も含めて

言うなれば・・・聞き手が勝手に受け取るのです(^_^;)

ですから・・・

私の伝えたいことと近い理解の場合もあれば
まったく違っていることもあるわけです☆

私たちは多くの場合「即効わかってもらいたい気分」のことが多かったりします。

ですが「理解」とは・・・

多少の時間を使いながら
ピントの合わないところから徐々に焦点を
あわせていくようなものなのです

コミュニケーションの法則としては

デジタルフォーカスよりも

一眼レフ方式かな・・・

なんて思うのです(^_-)-☆

きょうはここまでです(#^.^#)

最後までお読みいただきありがとうございました。
公式ホームページも是非ご覧ください★

*****************

45歳からの美人力をプロデュースする
コミュニケーションクリエイター

桐生純子

*****************

【書籍】こころのスイッチはオンラインストアでご購入できます。

関連記事

  1. ホントの気持ちはどこにある?・・・☆

  2. 変化することは素敵なこと☆

  3. どこが違うかを知る方が居心地いいかも・・・☆

  4. この時間帯が一番大切だったんだ・・・☆

  5. 生き方に刻まれるほど・・・☆

  6. 心の痛みと心の成長

  7. 自分らしい密かな自己アピール、考えてみませんか?

  8. 抵抗に対する自分のスタイルがポイント・・・☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。